多嚢胞性卵巣症候群にベジママを飲むと良いという噂は本当?

多嚢胞性卵巣症候群という言葉をあなたは聞いたことがありますか?

この病気は、不妊を引き起こす原因と言われています。

そもそも私達は、月に1回排卵しますが、この排卵とは、卵巣にあるたくさんの卵細胞が月に1度のペースで成熟し、卵細胞は卵胞にくるまれており、ある程度の大きさで破裂するようにできています。

多嚢胞性卵巣症候群は、卵巣の中に卵胞が多く発生する病気で、未成熟の卵細胞が多くなり妊娠に至ることができなくなる可能性が高いと言われています。

ところでピニトールという成分を聞いたことがありますか?

日本ではまだあまり馴染みがないかもしれませんが、外国では以前から不妊症や血糖値を下げる働きがあることが判明されており取り入れられています。

日本でも多嚢胞性卵巣症候群の治療の一環として新成分ピニトールが注目されています。

ピニトールは、今日本でも注目されている成分で、多嚢胞性卵巣症候群の改善に良いとされていますし、多嚢胞性卵巣症候群が改善されることで不妊症の改善にもつながると言われているので、今は通院はしていないけれど、自宅で気軽に改善できる方法があるのならば試してみたいという方に「ベジママ」をオススメしたいと思います。

ベジママには、今ご紹介したピニトールが配合されていますし、他にもルイボスやビタミンC、ビタミンEや葉酸、ビタミンB12なども配合されています。

これらの成分について詳しくお話させてもらいますね。

まず葉酸は、厚生労働省も摂取を促す女性に必須の栄養素です。

母子手帳にも記載されています。

ビタミンB12は、葉酸の吸収に欠かせない栄養素で、貧血予防に良いと言われていまする

ルイボスは、豊富なミネラルを含み、活性酵素の増加を防ぐと言われているルイボスティーの原料です。

ビタミンEは、ホルモンバランスの崩れや老化を防ぐ働きがあると言われており、女性にとって大切なビタミンです。

ビタミンCは、活性酸素の増加を防ぐ働きが高いと言われており、ママ活の大敵であるストレスの緩和をサポートしてくれます。

そしてピニトールですが、植物由来の新成分で、多嚢胞性卵巣症候群の改善や抗メタボ成分としても注目されています。

これらは妊娠中の女性にはもちろんですし、多嚢胞性卵巣症候群でお悩みの方にも評判のサプリメントとなっています。
ベジママとは何? 不妊に効果は本当?

妊活中の方、妊娠中の方、授乳中の方、多嚢胞性卵巣症候群でお悩みの方、その他、多くの女性に必要な栄養素が含まれているベジママ、ぜひオススメしたいと思います。

公式サイト↓
葉酸サプリ「ベジママ」

us