アトピスマイルは乳児湿疹ケアにも使用可能?

赤ちゃん肌って潤いたっぷりでプルプルで羨ましいですよね。

でも実際のところ、赤ちゃんの肌もトラブルを抱えていることがあるんです。

それも少なくありません。

肌トラブルを抱えている赤ちゃんはたくさんいます。

実は私の子どもも赤ちゃん時代から肌トラブルを抱えています。

プルプルの卵肌の部分もありましたが、「赤ちゃんなのに・・・」と思うようなトラブル肌の部分もありました。

石鹸等は赤ちゃんの肌に優しいものを選んで使っていましたが、トラブル肌はキレイになりませんでした。

助産師さんに相談すると、それは乳児湿疹というものだと教えてもらいました。

清潔に保つことでだんだんとキレイになっていくと思うけれど、心配な場合は受診も考えるように言われました。

最近になって知ったのですが、生まれてから半年くらいまでの間に乳児湿疹はよくあるもので、肌のバリア機能が形成されていないことが原因だと言われています。

肌表面にはバリア機能が備わっていて、それが外から受けるダメージによる肌刺激から守ってくれます。

生まれたばかり赤ちゃんの肌はバリア機能が弱く、外からのダメージに即反応してしまうので、肌の表面がカサカサしたりグジュグジュしたり、炎症を起こしやすくなってしまいます。

また新陳代謝がとても活発な赤ちゃんの肌は、皮脂と汗の分泌量が多く肌荒れを起こす原因の1つとも言われています。

乳児湿疹という言葉を私は出産して始めて知ったのですが、いわゆる新生児ニキビなんですね。

ニキビということは、肌が乾燥しやすいということがわかると思います。

乾燥しているから皮脂が過剰分泌されて、湿疹ができてしまうわけです。

ですから乳児湿疹のお手入れは保湿は大切になります。

私も実際に子どもか赤ちゃん時代に乳児湿疹になり、生まれて間もない時期ですし、季節も真冬でなるべく病院にも行きたくない季節ということもあり、自治体の助産師さんに相談しました。

すると軽度なら清潔にして保湿することでキレイになると思うとアドバイスをもらい、本当にその通りになりました。

ただ、ドラックストア等に市販されている保湿剤はあまり使いたくなくて困りました。

科学性物質が使われていない肌に優しい天然素材のものを探しましたね。

最近になり、アトピスマイルの存在を知り、当時から知っていれば迷わず使ったのになと思っています。

国産お米由来100パーセントのエキスであれ、ライスパワーナンバー11が入っている保湿クリームです。

肌に優しいですし、厚生労働省が水分の保持機能ケアに良いと認めている成分です。
アトピスマイルは赤ちゃんのカサカサ乾燥肌にも使える?

赤ちゃんから大人まで全身に使える保湿クリーム、アトピスマイル、1つ持っていると便利です。

公式サイト↓


u