赤ちゃんも運動不足で便秘になるのでしょうか?

生後1歳くらいになると、大体のお子さんが歩けるようになってきますよね。
この頃に、赤ちゃんの便秘で悩まされるお母さんが、実は一番多いことをご存知ですか?

1歳というと、離乳食も落ち着いてきて、だんだん柔らかい固形物であれば食べれるようになります。

このような離乳食の変化と、普段の運動不足から便秘になるお子さんは急増しているのです。

よく、便秘には運動不足が挙げられていますが、これは大人だけに限りません。

1歳前後の歩けるようになった位のお子さんも、きちんと運動できる時間を作ってあげないと、慢性的な運動不足になってしまうのです。

特に寒い時期にこの期間が当たってしまうと、外に出るのは寒いし、児童館のような室内で遊べる場所は、風邪などの感染症が気になりなかなか行けない方も多いでしょう。

必ず、お散歩や公園に毎日行かないといけないというわけではありません。

家の中でも、お子さんの運動不足を解消できる遊びはたくさんあります。
音楽を流しながら、楽しくリトミック遊びを行うことも可能ですし、空間をなるべく広くしてあげることで、お子さんは自由に歩き回ることができます。

他にも、習い事の一環として最近人気を集めているのは「ベビースイミング」です。

ベビースイミングは、赤ちゃんとお母さんが一緒にストレッチなどをしながら、水の中で運動を行うことができます。

水にも自然に親しむことができるので、恐怖感が出る前に取り入れることができるというメリットもありますし、もちろん便秘解消にも大きな効果を発揮してくれます。
0-59

お子さんと一緒に運動不足を解消して、お子さんと体の中から健康的に過ごしてみませんか?

★運動して赤ちゃんが便秘になったら、カイテキオリゴを飲ませてあげるといいです。
理由→カイテキオリゴは赤ちゃんの便秘に効果

腸内のオリゴ糖が増えて便秘も下痢も改善して腸内環境がよくなって元気になります。