赤ちゃんも便秘でニキビができるのでしょうか?

生まれて間もない新生児期〜生後3ヶ月位の間に、赤ちゃんの「ニキビ」で悩むお母さんも多いかと思います。

この赤ちゃんニキビは「新生児ニキビ」と一般的に言われていて、生後半年位まで続く場合があり、心配するお母さんも多くいます。

よくニキビというと、「便秘」などからニキビができるというイメージがありますよね。
実際に、生後3ヶ月〜半年のあいだに、赤ちゃんの便秘とニキビが重なり、原因は便秘なのでは!?と考える方も多いと聞きます。

ですが、実際に赤ちゃんが便秘でニキビが発生するというケースは少ないでしょう。

そもそも、「新生児ニキビ」の原因は、母体からの男性モルモンの影響が大きいと言われています。

そして、よく汗をかく赤ちゃんは、もともとニキビになりやすいのです。

だから汗をこまめに拭いて清潔にしてあげると次第にニキビも改善しやすいです。

もちろん、赤ちゃんの便秘が慢性化すると、その悪影響が肌などの体の表面に、絶対に表れないとは限りません。

便秘は、赤ちゃんにも、大人にとっても健康の大敵なのです。

最近では、腸内環境で健康が決まると言われているほど、便秘は体によくない影響を及ぼすということが判明しています。

腸内環境を整えるには、腸内の善玉菌を増やしてくれるオリゴ糖を取り入れたり、便秘の一番の原因だと言われている、水分不足に注意することがとても大切です。

そして、赤ちゃんの場合は、お腹をマッサージしてあげたり足をバタバタ動かしてあげる赤ちゃん体操を取り入れたりすることで、腸が刺激されて便秘になりにくい体質へ持って行ってあげると良いでしょう。

ニキビと便秘は、直接的な因果関係はありませんが、どちらにしても赤ちゃんには不快なものです。

少しでも早く改善できるように、お母さんと赤ちゃんで、共に頑張りましょうね。
★赤ちゃんの便秘にもお母さんの便秘でも家族みんなで使えるのがカイテキオリゴです。
レビュー→カイテキオリゴは赤ちゃんの便秘に効果

腸内の善玉菌が増えて便秘も下痢も改善して腸内環境がよくなって赤ちゃんが元気になります。
免疫力もアップして肌も綺麗になりますからニキビも出来にくくなります。