赤ちゃんの脂漏性湿疹とアトピーの違いと改善方法についてです。

生まれて間もないころから、湿疹が出始める赤ちゃんも少なくありませんが、病院に連れて行くと、「脂漏性湿疹」「乳児湿疹」「アトピー」などと診断されます。

この診断については、診察する先生の所見で異なり、A病院は「アトピー」B病院は、「脂漏性湿疹」などと診断される可能性も高いです。

では、アトピーと脂漏性湿疹はどう違うのでしょうか。

見た目では確かに類似点も多く、どちらかの判断はつきづらいのですが、アトピーと脂漏性湿疹では発症する原因がそもそも異なります。

脂漏性湿疹とは、生まれて間もない新生児期に母体から受け継いだ女性ホルモンが多く残るため皮脂の分泌が盛んになります。

その為、もともと汗をかきやすい赤ちゃんは、皮脂が溜まりやすく脂漏性湿疹として体の表面に形となり現れるのです。

一方アトピーは、ハウスダストやダニ・ペットなどあらゆるものにアレルギー反応を起こして発生する皮膚炎です。

アトピーと脂漏性湿疹では根本が違うため、誤った診断のまま治療を続けても改善されない場合が多いのです。

これらをきちんと見極めて改善するには、まず傾向をおさらいしましょう。

脂漏性湿疹は、主に首から上に症状が出ます。

おでこ、頬などにカサカサしたモノができたり、赤く湿疹ができることもあります。

そして、頭皮の中にもかさぶたができたりするのが特徴です。

アトピー性皮膚炎も同じく顔に出ますが、同じように体にも症状があらわれます。

ひじ・ひざ裏などの関節部分にも症状がよく見られますので、このようなちょっとした判断材料をお母さんがきちんと確認することも大切です。

脂漏性湿疹の場合は、ほとんどのお子さんが成長につれて改善しますので、特に治療は必要ないケースがほとんどのようです。

ただし、アトピーも脂漏性湿疹も清潔にするということが改善への近道となりますので、石鹸で患部を優しく洗い流してあげましょうね。

★赤ちゃんにも安心できる低刺激の優しい石鹸を使うようにしましょう。
例えば、池田さんの石鹸がアトピーなどの赤ちゃんや肌が弱い方でも安心な石鹸として口コミでも人気です。
池田さんの石鹸


★そしてアトピーでも脂漏性湿疹でもカサカサでかゆみがある赤ちゃんには、「みんなの肌潤糖」でマッサージしてあげたり、沐浴してあげると保湿できてかゆみも軽減します。