赤ちゃんの便秘改善に良い方法についてです。

赤ちゃんの、泣いたり笑ったりに一喜一憂しながら、育児を頑張っているお母さんはたくさんいますよね。

ですが、喋れない赤ちゃんは泣くことでしか意志を伝えることが出来ず、お母さんはいつもこれかな?あれかな?と試行錯誤しながら、何となく自分の子供の特徴を掴んでいきます。

そんな赤ちゃんの子育てをしていく上で、お母さんが不安になる原因として多く聞くのが、お子さんが「便秘」をした時です。

大体のお子さんが、うんちをしたくて踏ん張っているが泣き出しまったり、お腹がとても張っていて機嫌が悪いなど、何らかの症状が出ることで気付くお母さんも多いと思います。

赤ちゃんが便秘をする時には、ある程度の共通した特徴があります。

・母乳の出が悪くなってきたのでミルクを足した時。
(もしくは完全にミルクに変えた時)
・生後4〜5ヶ月ころから初めての離乳食を始めた時
・夏場などの暑い季節の時
・母乳トラブルが起きている時(乳腺炎など)

以上のような理由で、便秘になるお子さんは少なくないのが現状です。

では、便秘になってしまったらどのように改善すれば良いのでしょうか。
便秘を改善するには有効だと言われている方法が幾つかあります。

・砂糖水を飲ませる
100cc程度のぬるま湯に小さじ1強(5g程度)を加えたものを、湯冷ましなどに少しずつあげる(1回の量は20cc程度)
*これは、昔ながらの方法ですが賛否両論あります。
砂糖の代わりにオリゴ糖のカイテキオリゴを同じだけあげるのが効果的だと思います。

柑橘類の果汁を飲ませる
みかん等の柑橘類の果汁をスプーンなどで少々飲ませる。
私自身、子供が便秘した際には、これが一番効きました。

・お腹を「の」の時にマッサージする
赤ちゃんのお腹をゆっくり優しく「の」の字を描くようにマッサージします

上記をやっても全く改善しない場合は、
カイテキオリゴをお水に溶かして飲ませてあげるといいです。
オリゴ糖のパワーでするっと出やすくなりますよ。

我が家では、常備していてよく飲んでいます。
便秘だけでなく下痢にもよくて腸内環境を改善しますから
家族全員でカイテキオリゴを飲んでいます。
レビュー→カイテキオリゴで赤ちゃんも便秘改善効果

赤ちゃんが便秘をして苦しそうな時は、まずはお母さんが落ち着いて、いずれかの方法で改善を試みて下さいね。

それでもなぜか出ない時はかかりつけの小児科に行き浣腸をしてもらう事をお薦めします。
どうしても時間がない。又、休日等の場合は、薬局にある赤ちゃん用の浣腸を購入して親御さんがやる方法もあります。
※赤ちゃん用のイチジク浣腸が市販されています。記載をきちんと読んで、正しい方法で行いましょう。
しかし、なるべく浣腸はしない方が、赤ちゃんの健康にも良いです。
腸に刺激がいきすぎて便秘癖になりやすいからです。

自然にお通じがあるように、離乳食に注意したり、カイテキオリゴを飲ませたり、水分補給をたっぷりしてあげることが大事です。

akatyan