赤ちゃんのカサカサしたお肌の改善方法についてです。

赤ちゃんの肌の乾燥に悩むお母さんはたくさんいます。

赤ちゃんは、もともと肌のバリア機能が未発達なため、水分を保持する機能も、大人に比べて非常に低いと言われています。

しかも、肌がデリケートなので、赤ちゃん自身が引っ掻いてしまったりして掻き壊してしまう可能性もとても高いのです。

では、どのように赤ちゃんの肌の乾燥を予防すればよいのでしょうか。

赤ちゃんの肌が乾燥する原因の一つとして、入浴時のボディーソープが挙げられます。

最近では泡で出てくるタイプや、少しこするだけで十分泡立つボディーソープが人気を得ています。

ですが、泡立ちやすいものほど、洗浄力が高く赤ちゃんの必要な皮脂まで奪ってしまう恐れがあるのです。

汚れが気になるお尻付近や脇の下、関節等はなるべく刺激の少ない無添加石鹸で洗ってあげて、その他の部分は、真夏などの汗を頻繁に掻く季節以外は、毎日洗わなくても良いと言われています。

次に、カサカサしているところには必ず塗ってあげて欲しいのが保湿剤です。
保湿剤は、小児科・皮膚科に行けば、乳児医療の関係で殆どの方が無料で手に入れることが可能だと思います。

なかなか病院を受診する時間がなく、購入する場合は、赤ちゃん用の香料や添加物の含まれない保湿剤を購入して使用しましょう。
お母さんが使用している香料の強いものなどは絶対に使用しないでくださいね。

赤ちゃんのカサカサ予防で優良だと思うのは、沐浴剤にも使える「みんなの肌潤糖」です。
入浴中にマッサージしてあげるのもいいです。
レビュー→みんなの肌潤糖を赤ちゃんの沐浴剤に使ってもいいの?

カサカサがかなり目立つお子さんの場合は、自分で引っ掻いてしまわないように、真夏でなければ手袋をしてあげても良いでしょう。

爪を短く整えるのも忘れないようにしましょうね。

こうしているうちに、少しづつ肌のバリア機能は強くなっていき、改善されてくると思いますので、慌てずに今できることを赤ちゃんにしてあげて下さい。