赤ちゃんのアレルギー症状の種類と改善方法

赤ちゃんはアレルギー反応が起きると、様々な形で症状が現れます。
一番多く聞くのは、肌に現れる湿疹です。

皮膚がカサカサし始めたり、ポツポツとした湿疹が現れる。
そして、強いかゆみを訴えているようであれば、これはアレルギー症状とみなして良いと思います。

他にも、呼吸器に出る症状(ゼーゼーとした呼吸音)や、激しい咳やくしゃみ・鼻水に至るまでアレルギー症状の出方は様々です。

目が赤くなる・まぶたが腫れるなども当てはまる場合があります。

症状がひどい時は、お医者さんに行き診察してもらうのが良いのですが、その時に参考になるのが、ご両親が持っているアレルギーと赤ちゃんに症状が出始める前後にお母さんが摂取した食事や(母乳の場合)、お子さんの離乳食などの情報です。

一方、緊急を要するような症状が、嘔吐や激しい下痢などです。

赤ちゃんは、脱水症状を起こしやすいので、このような症状があらわれた際は様子を見たりせずに直ぐにかかりつけの病院に直行するか、夜間などの手段がない場合は救急車を呼んで下さいね。

緊急時は慌ててしまい、的確な情報をお医者さんに伝えることすら出来なくなります。

あらゆることを想定して、できれば普段から何を食べたのか、何時に母乳を飲んだのかなど、ノートなどに記しておくと後に困らなくて済みますね。

あらゆるアレルギーは、赤ちゃんが成長するにつれて内蔵器官も丈夫になることから、改善するケースが多いのも事実です。

アレルギーがあるからと必要以上に落ち込まずに、今ある症状を軽減してあげることに専念されてくださいね。

★赤ちゃんのアレルギー体質の改善にも、腸内環境を改善すると良いです。

赤ちゃんの腸内改善には、カイテキオリゴが最適です。
レビュー→カイテキオリゴは赤ちゃんの便秘に効果?
便秘気味でも下痢気味でも大丈夫です。
授乳中でも妊娠中でも家族みんなで飲めるのもいいです。

腸内の善玉菌が増えて便秘も下痢も改善して腸内環境がよくなって赤ちゃんが元気になります。
免疫力もアップしてアレルギーも改善しやすくなります。