赤ちゃんのアレルギーの原因と種類についてです。

小さな赤ちゃんは自分で話すことができないですよね。

「痛い」「苦しい」「辛い」これらは全て泣くことで表現されますが、お母さんでも判別するのが難しいことが多くあります。

そんな赤ちゃんに、アレルギーが現れたとき、周りの大人はすぐに気付くのは難しいと言われています。

だからこそ、あらかじめアレルギーに対しての知識を身につけておきましょう。

赤ちゃんのアレルギーには大きく分けて4種類あります。

・食べ物によるアレルギー
・気管支喘息
・アトピー性皮膚炎
・花粉症などのアレルギー性鼻炎など

この中で、最も怖いのは食物アレルギーです。

離乳食を始めると分かりますが、離乳食には段階を踏んでのステップがあります。
それは、消化器官が未熟な赤ちゃんに合わせて負担がかからないようになっているのです。

例えば、アレルギーの出やすい代表で言うと「蕎麦」ですが、蕎麦は3歳以降にあげるのが好ましいと育児本にも書かれています。

蕎麦に限らず、生魚なども同じく三歳以降が望ましいでしょう。

食物アレルギーは、重症化すると呼吸困難や最悪な事態を引き起こしますので、初めての食材をあげる時は、平日の昼間(病院がやっている時間)にあげるのが望ましいですね。

次に、気管支喘息・アトピー性皮膚炎・花粉症などのアレルギーは、ハウスダストや動物、ダニ・花粉など様々なものに反応してしまい起こるものです。

大人であれば何となく乗り切れるこのようなアレルギーも、小さな赤ちゃんにはアレルギー症状1つ1つが危険と隣り合わせの危ないものです。

気になる症状が出ているときは、必ず早めに受診してくださいね。

そして赤ちゃんの健やかな健康のためにもどんなアレルギー改善にも、腸内改善を心がけるといいです。
ふだんから便秘しないようにカイテキオリゴを飲ませてあげると効果的です。
理由→カイテキオリゴは赤ちゃんの便秘に効果

毎日、お水にカイテキオリゴを溶かしたのを飲ませてあげれば、腸内のオリゴ糖が増えて便秘も下痢も改善してアレルギー症状も改善しやすいからです。

赤ちゃんだけでなく授乳中のママも飲めますし、パパもおじいちゃんもおばあちゃんも誰でも家族で飲めるのもメリットです。
腸内環境を改善して赤ちゃんだけでなく家族全員の健康を維持するといいです。
私も、よく飲んでいます。癖がないので飲みやすいです。
0-50