赤ちゃんのアトピー肌にプルミーが良い理由についてです。

小さな赤ちゃんが、眠れずに体を掻きむしっていたら心が痛みますよね。
皮膚科や小児科に行くと、大体が「アトピー」と診断されて、対処療法としてお薬を処方されます。

決して薬が悪いわけではありませんが、強いステロイドを使用して一時は改善しても、薬だけでアトピーを克服するのも難しいのが現状です。

そんな時に、肌質を正常に近づけて安定させてくれる手助けをする、保湿効果の高いミルクローションが「プルミー」という商品です。
赤ちゃんにも使える安心のプルミーミルキーローション


そもそもアトピーとは肌がどのような状態となっているのでしょうか。

アトピーと診断された肌は、本来あるはずの皮脂膜がなくなってしまっている状態と一般的に判断されます。

肌が皮脂膜で覆われている健康な肌質は、外部からの刺激を受けづらく、乾燥を激しく感じることもないので、アトピー肌のように痒くなることもありません。

一方、アトピー性皮膚炎を引き起こしている状態の肌は、皮脂膜という保護してくれるベールのようなものがないので、常にむき出し状態です。
その為、外部からの刺激はもろに受けてしまい、乾燥・炎症・かゆみ等を発症します。

プルミーは、主要成分のセラミドが角質層の隙間を埋めてくれるので、皮脂膜の代わりをしてくれてお肌をガードします。

この効果により、外部からのアレルゲンとなりゆる細菌や、刺激物質から肌を守ってくれます。

このようなプレミーの「擬似皮脂膜効果」が、結果的に肌を強くしてくれてアトピーを発症する前の健やかな肌状態に導いてくれるのです。

プレミーがアトピー肌に効果を発揮するのは、このような効果があったからなのですね。
赤ちゃんにも使える安心のプルミーミルキーローション

pullume