赤ちゃんのアトピーと便秘の関係についてです。

アレルギー症状を引き起こしてしまう方は、便秘の方が多いという事実をご存知でしょうか。

これは、大人も子供も当てはまることですが、腸内環境の悪化は、免疫を低下させてしまうという事実が大きく知られています。

赤ちゃんは、些細な変化で便秘になりやすいと言われています。

母乳からミルクに切り替えた時や、離乳食を始めた時、季節の変わり目など便秘に陥りやすい機会はとても多く、お母さんが気遣ってあげる必要があります。

便秘を起こしてしまうと、本来排出されるはずの毒素は体内に停滞してしまいます。

腸内にいる善玉菌と悪玉菌のバランスも悪くなり、アトピーなどのアレルギーに抵抗してくれる免疫システムは正常に働かなくなるのです。

最近では、人間の健康は腸で作られる。なんていう説もあり、ただの便秘なんて言えないようになってきました。

便秘が元で発症してしまう体に良くない症状はたくさんあります。

赤ちゃんのアトピーを改善するには、お母さんの食事(母乳の場合)や、環境対策、離乳食の見直し、便秘改善など様々な方法がありますが、思い当たることをしても改善せず(食物除去など)、症状が軽度の場合は、まずは便秘の改善から行ってみてください。

赤ちゃんの便秘を改善するには、水分不足に注意することなどが重要ですが、どうしても出ないという場合は、小児科で簡単に浣腸してもらえます。

しかし、なるべく浣腸は、しないほうがいいのも事実です。
★離乳食や水分補給など気を使っても、便秘がちなときは、カイテキオリゴをお水に溶かして飲ませてあげたり、離乳食に混ぜ込んであげると、便秘改善しやすいです。

カイテキオリゴには腸内のいろんな種類の善玉菌の栄養になる良質のオリゴ糖が複数含まれているので、善玉菌が元気になって、腸内環境が改善して便秘改善しやすいのです。

赤ちゃんだけでなく、授乳中のママでも妊娠中でも誰でも便秘気味の時は、カイテキオリゴを飲んでみるといいです。
レビュー→カイテキオリゴは赤ちゃんの便秘に効果?

我が家も常備しています。便秘だけでなく下痢にも良いのです。
まさに腸内環境の改善になりますよ。

便秘もなおっているのにアトピーの改善が見られない場合は、皮膚科でお医者さんと相談してみるのもいいですね。ステロイドをなるべく使わないお医者さんがいいですよ。

★そして赤ちゃんのアトピーによる乾燥したカサカサの保湿やかゆみ改善には、強力保湿スキンケアのみんなの肌潤糖が良いです。
レビュー→みんなの肌潤糖は赤ちゃんのアトピーにも効果

みんなの肌潤糖で沐浴してあげたり、入浴時にマッサージしてあげるのも効果的です。
肌のバリア機能を修復して元の健康な肌に導いてくれます。