赤ちゃんのアトピーと住環境の関係についてです。

アトピー性皮膚炎で、まず最初に見直したほうが良いのは、「住環境」です。

アトピー性皮膚炎を含む喘息やアレルギー性鼻炎の原因は、ハウスダストやダニ、またはペットなどによる住環境に、問題がある可能性が高いことをご存知でしたか?

アレルギー検査である程度の判断がつきますが、ほとんどの方がハウスダストによるアレルギーを抱えています。

ハウスダストやダニというのは、自身による努力で改善することが可能です。

例えば、
・掃除機を毎日かける。
・雑巾掛けを心がける
・寝具などのダニがつきやすいものは外に干す
・シーツ・布団カバーなどはまめに交換する

このように心がけることで、ハウスダストやダニは抑えることができます。

最近では、空気清浄機の性能もかなり良くなっているので、このような家電製品を活用するのも効果的です。

ただし、きちんとアフターケアをしないと逆効果になりますので注意して下さい。

次に、ペットを飼っている方は、犬の毛や猫の毛などで症状が悪化している可能性もあります。

極力、毛などが空気中に舞わないように、こまめに掃除機をかけるなどの対処法が必要です。

アレルギー検査でどの動物に対してアレルギーがあるのかを判定できますので、これからペットを検討している方は、飼う前に調べたほうが良いですね。

このような普段からの対策を心がけることで、アトピー性皮膚炎はかなり改善したという話もよく耳にします。

しかも、赤ちゃんの成長は思っているよりもあっという間です。

なんでも口に入れたりするのが赤ちゃんなので、早くから部屋を清潔に保つという習慣は、とても大切ですね。

★住環境を清潔にして改善してもアトピーでカサカサでかゆくなる場合は、みんなの肌潤糖で沐浴をしてあげたり、入浴中にマッサージしながら保湿効果をアップするといいです。

潤いがある肌でアトピー改善に導いてくれます。
0-03