母乳とミルクはどちらが便秘になりやすいのでしょうか?

あなたは、一般的に母乳と粉ミルクどちらが便秘になりにくいと思いますか?

一般的な意見から言うと、便秘になりにくいのは「母乳」です。
母乳には、腸内にいる善玉菌の手助けをしてくれる「オリゴ糖」が含まれています。

その為、オリゴ糖による整腸作用で、粉ミルクの赤ちゃんよりも便秘にはなりづらいのです。

しかし、母乳は子供が生まれたら誰しもが100%出るというわけではありません。
最初からものすごく母乳が出るという方もいれば、母乳はほとんど出ないまま止まってしまうケースもあります。

なるべくならば、お母さんの強い味方である母乳外来なども、よく見かけるようになりましたので、積極的に母乳で育児をしていただくことをお勧めしますが、決して粉ミルクが悪いわけではありません。

母乳には良い点(メリット)がたくさんありますが、悪い点(デメリット)も存在します。
それは、母乳の質が悪い状態で赤ちゃんに飲ませるのならば、粉ミルクの方が良いからです。

母乳は、お母さんの食生活・生活習慣全てが反映されるものではありません。
ですが、ストレス・寝不足・バランスの悪い食生活・飲酒などで、母乳の質は著しく低下してしまいます。

質の悪くなった母乳は、お母さんを乳腺炎で悩ませたり、赤ちゃんの栄養状態を悪くします。
このような事態にならないように、母乳をあげているお母さんは細心の注意を払いながら生活しないといけません。

粉ミルクだから、100%便秘になるわけでも、母乳だから100%便秘にならないわけでもありません。

お母さんと赤ちゃんのベストな環境を保てる選択をすることにより、便秘なども含めたあらゆるトラブルは予防できるのです。

母乳でもミルクでも赤ちゃんが便秘になったら、カイテキオリゴを飲ませてあげるといいです。
授乳中のママが便秘気味なら一緒に飲むといいです。
理由→カイテキオリゴは赤ちゃんの便秘に効果

腸内のオリゴ糖が増えて便秘も下痢も改善して腸内環境がよくなります。

赤ちゃんを生む前の妊婦でも飲めますし、パパもおじいちゃんもおばあちゃんも誰でも家族で飲めます
腸内環境を改善して赤ちゃんだけでなく家族全員の健康を維持したいですね。
私も、いつも飲んでいます。癖がないので飲みやすいです。
0-03