歩行器は使わない方がいいとは本当でしょうか?

歩行器については賛否両論ある事をご存知ですか?

私自身、2人の子供両方に歩行器を使用していました。

それは、歩行器に乗せることで、忙しい時間帯(料理を作っている時など)に安全を確保できるからという事と、子供自身が行動範囲が広がることにより、とても喜んでいるからという理由でした。

ですが、歩行器にはデメリットがあるということも後で知りました。

それは、赤ちゃんには歩くまでのステップがあるということです。

赤ちゃんは、歩くまでにハイハイをして十分に筋肉を鍛えて、歩けるようになる骨と筋肉を手に入れます。

しかし、まだ準備が整っていない状態で歩行器を使用すると、足の関節を痛めたり、希に成長に影響が出るというのです。

それと、歩行器での事故がとても多いということです。

赤ちゃんは、危険予測が出来ません。

その為、段差があるところなどに歩行器で進んでしまい、怪我をするケースがあるのです。

これは実際にうちの子供も経験しました。

玄関はたいてい少し下がった位置にありますよね。(バリアフリーではない場合)
そこから落下したのです。

気がついたときはもう落ちて泣いていました。

「昨日までは玄関の方には行けなかったのに」この油断が事故を招いたのです。
幸い大きな怪我もなく元気でしたが、頭を強打していたらと思うとゾッとしますよね。

このような事故や、発達障害を招く恐れがあるので、歩行器は推進できるものではないという事は明らかなようです。

しかし、どうしても駄目というものでもないので、お子さんの成長具合や環境、歩行器を使用する頻度に注意していれば、使用も可能なのではないでしょうか。